3Dアート
3Dアートとは?

トリック3Dアートとは、壁や床に描かれた絵画が、カメラのレンズを通すことで立体的に見えるトリックを使った、新しいアートです。トリック3Dアートの面白さは、平面の絵が立体に見え、尚且つ、お客様自身が作品に触れ、ポーズをとり、作品の一部となって、記念写真を撮って楽しむことができる「体感型」アートである点にあります。デジタルカメラ・スマートフォン・カメラ付き携帯電話などの普及にともない、トリック3Dアートは人気コンテンツへと成長しました。全国の商業施設やイベント会場にて、ファミリー、カップル、若者グループなど、幅広い年代の方々に楽しんでいただける、集客力のあるコンテンツです。

お問い合わせ
3Dアートの特長
見るだけじゃない、体感型アート!
商業施設での集客イベント・催事におすすめ!
商業施設のイベントホールや百貨店の催事場にて、20点前後のトリック3Dアート作品を展示し、夏休みをはじめとする長期休暇シーズンなどの集客イベントにご利用いただけます。老若男女、幅広い層の方に楽しんでいただけるコンテンツとして好評を博しており、中にはリピート開催をされる施設も。第一線で活躍するトリック3Dアート作家が全作品を手掛けたリアル感抜群の迫力あるイベントです。
様々な場所でのフォトスポットにおすすめ!
様々な場所でのフォトスポットにおすすめ!
商業施設・展示会などのイベント会場内に点在する小型スペースに、貴社オリジナルのトリック3Dアート作品を展示。作品は、オーダーメイドで1点から制作可能です。館内・会場内でのアイキャッチとして、またSNSによる情報拡散を見込んだ、商品・サービスの認知向上のためのツールとしてご活用いただけます。貴社商品・サービスにまつわるトリック3Dアートと一緒に、お客様に写真を撮って遊んでいただくことで、楽しい記憶が心に残るとともに、商品・サービスに対するイメージも向上します。
巡回展のご紹介

● ファミリー層やカップル、友達同士など、幅広い年代の方向け

● 集客・来店誘致のきっかけに。さらに、SNSを通じた写真共有による情報拡散(クチコミ)に

● 集客に加え、店舗全体の売上促進も期待できる

● クリスマス、GWや夏休みなどの長期休暇シーズンにもおすすめ

展示作品紹介(一例)
巡回展メニュー① バラエティ
第一線で活躍するトリック3Dアート作家とタッグを組み、恐竜や動物、名画、サーカスなど、子どもから大人まで楽しめるモチーフを、バラエティー豊かに集めました。作品のしかけも様々で、お客様自身が作品の一部となるフォト参加型のほか、動く絵画や立体作品など、新しい手法のトリック3Dアートも多数取り揃えております。 
作家紹介

服部正志(アートテイラー・服部工房代表) 1962年愛知県生まれ。多摩美術大学卒業後、トリック3Dアート作家として第一線で活躍中。テレビ出演、新聞雑誌などでも多数紹介されています。クオリティの高さには定評があり、最新CGを駆使した立体感のある大型作品は、非常にリアルに写真撮影することができ、全国のイベント会場で大好評をいただいています。

巡回展のご紹介
コンテンツメニュー① キャラクター(ウルトラマン)
巡回展メニュー② キャラクター(ウルトラマン)
円谷プロダクションとのタイアップで、ウルトラマンの登場キャラクターを用いたトリック3Dアートとして展開しています。初代~現代のウルトラマンや、人気の怪獣と写真を撮影できるので、ご家族全員で楽しめるイベントになっています。
コンテンツメニュー② 謎とき
巡回展メニュー③ 謎解き
受付で配るミッションや館内の至る所にあるヒントを頼りに、トリック3Dアートやだまし文字を読み解き、ゴールを目指す謎解きイベントです。施設内の回遊性向上を図ることができ、またトリック3Dアート特有の情報拡散力を兼ね備えているため、プロモーション効果の持続性も高まることが見込まれます。

事例はこちら
お問い合わせ
巡回展のご紹介

● 貴社商品・キャラクターがモチーフのオリジナルトリック3Dアートを、多くの方に楽しんでもらえる

● SNSを通じた写真共有による情報拡散(クチコミ)に

● 既存イベントのフォトスポットの役割としても活用可能

● 貴社のオーダーに合わせ、1点ずつ制作

活用例① 展示会ブースのアイキャッチとして
3Dアート活用例①
縦横2mを超える大型の作品を、イベント出展時におけるブース集客のためのアイキャッチとして活用いただけます。貴社商品・サービスに関連した作品を展示することで、商品・サービスを強く印象に残すことが可能。写真がリアルタイムでSNS上に拡散されるため、イベント自体の、また商品・サービスの認知をすばやく高めることができます。
活用例② SNS拡散を見込んだ、貴社イベントにおけるフォトスポットとして
3Dアート活用例②
貴社商品・サービス、イベントそのものをPRするためのツールとして、トリック3Dアートを活用。貴社商品を模したトリック3Dアート作品にすることで、作品をイベント会場の雰囲気に溶け込ませることができ、来場者がその場で撮影した写真が手元に残り、商品に親近感を持ってもらいやすいのも、トリック3Dアートならではのポイントです。面白い写真を撮ってもらうことで、SNSでの拡散が見込め、広告効果を期待できます。
活用例③ 季節に合わせた短期間の装飾として
3Dアート活用例③
春夏秋冬、時期に合わせたデザインで作品を制作。GWや夏休み、冬休みなどの長期休暇シーズン、またハロウィンやクリスマスに合わせて、短期間の装飾としてご利用いただけます。作品の施工は約1日で対応可能なため、設営・撤去をスピーディに行なえます。強度の高いパネルで制作することにより、常設展示用の作品をご提供することも可能です。
イベント開催作品制作のフロー
巡回展
お取引実績

制作期間:通常約3ヶ月(内容により、約2ヶ月納期の案件も対応可能)


スペース目安:60坪~150坪

作品点数:20~25点


オーダーメイド型クリエイティブ制作
お取引実績

制作期間:通常約2ヶ月(内容により、約1ヶ月納期の案件も対応可能)


※短納期のご依頼も、可能な限りお受けいたしております。是非ご相談ください。


スペース目安:10坪

作品点数:1点から制作いたします。



事例はこちら
お問い合わせ
3Dアートの特長
見るだけじゃない、体感型アート!
デザイン提案・設計・施工立ち会いまでトータルプロデュース
デザイン提案から会場設計・施工まで一貫して対応いたします。
見るだけじゃない、体感型アート!
CGを用いた迫力ある高クオリティの作品
サイズは主に2.4m×2.4mと、大迫力の作品が多数。トリック3Dアート作家による、一般のデザイナーには作ることができない、CGを使ったリアルな立体感・世界観を表現します。
見るだけじゃない、体感型アート!
2つのコンテンツを提供しているからこそのノウハウ
全国で展開するトリック3Dアート展のノウハウを、オーダーメイド型クリエイティブの制作にも反映。立体的に見せるための施工、撮影スポットの設定など、細部までこだわります。
見るだけじゃない、体感型アート!
代理店ならではのメディアを絡めた提案
twitterやInstagramといったSNSとの連動キャンペーンを組むことで、SNS上の写真投稿を促進し、拡散効果を高めることができます。マスメディアや新聞折込などの告知施策もお気軽にご相談ください。
様々な場所でのフォトスポットにおすすめ!
フットワークの軽さ
弊社は東京都内に所在しますが、トリック3Dアート展・オーダーメイドともに全国各地で展開しております。 現地でのお打合せや現場視察、設営立会いなども対応可能です。
メディア掲載実績・お客様の声
弊社オリジナルのトリック3Dアート作品が「販促会議」に掲載されました。
巡回展メニュー① バラエティ
2020年東京五輪招致活動の一環として、5種類のオリンピック種目をモチーフにした作品を、成田空港・羽田空港で展開。公開初日の記者会見には大勢の報道陣が詰め掛け、卓球日本代表の福原愛さんをはじめとするスポーツ選手が実際にトリック3Dアートを楽しむ姿が、テレビや新聞など多数のメディアで紹介されました。雑誌「販促会議」では注目のプロモーション事例として取り上げられました。
お客様の声
巡回展メニュー③ 謎解き
【株式会社テレビ東京 広報局広報部 様】

本社移転のPRとして六本木一丁目駅に、当社オリジナルキャラクター『ナナナ』のトリック3Dアートを展開しました。
キャラクターを知ってもらうのに、常設展示が可能で写真に収めてもらえるトリック3Dアートはぴったりだと感じ、フェザンレーヴさまにご依頼しました。
通りがかった多くの方が立ち止まって撮影しているのを見かけます。はじめてのトリック3Dアートへの挑戦だったので不安もありましたが…最後まで何度も現場に立ち会って調整をしてくださり、おかげさまで満足の行く作品に仕上がりました。

事例はこちら
お問い合わせ




PAGE TOP